統合ログ ALog V8 | 特設サイト

ALog シリーズ製品ウェブサイト

AIで過去の記録が未来の武器になる

お問い合わせはこちらからお願いします。

お問い合わせ

AI リスク
スコアリング

AI リスクスコアリング

不正を早期に検知するには、いつもと同じ行動【普段】といつもと異なる行動【異常】との差異分析が有効です。
V8 で新たに搭載された「リスクスコアリング機能」では、AI が過去のログから【普段】の行動モデルを自動作成し、【異常】の度合いをスコアリングします。人だけでは気付くことが出来なかった不正アクセスの兆候を自動検出します。

数値で不審を把握

数値で不審を把握

「多い」「少ない」だけでは、不審とみなす数量のしきい値の設定が必要となる

「普段」との差異を
AIが過去データから分析

「普段」との差異をAIが過去データから分析

しきい値を設けなくても、普段との差異で異常を発見できる

異常の判定は、ファイルネームでも行います。例えば、ある人が普段アクセスするはずがないデータを触ったら「不正可能性」とみなしてスコアリング数値化します。

部門外の人や派遣の方が日ごろアクセスするはずのないファイルにさわれば不正と判定

翻訳エンジン
の改変

Windows ファイルサーバ上の操作において、コピーや移動の操作を「COPY」「MOVE」として出力できるようになりました。翻訳エンジンを最新のログ文脈解析技術に改良したことにより操作の「精度」と「深度」を高めました。

WorkTime
(勤怠管理)

WorkTime(勤怠管理)

旧名「Attend Manager」を「WorkTime」※1 としてリニューアル。
タイムカードや入退室記録などAD 以外のログ※2 から、複数のデバイスやアプリケーションのログを一元化し、勤怠表の自動作成を可能に。また、作成した勤怠データをcsv やexcel 形式で出力可能です。

※1 WorkTime はALog ConVerter for Windows Advanced Edition のオプションです。
※2 AD 以外のログを取得する際は、シリーズ製品の「ALog EVA」が必要です。

勤務実績表を自動作成

レポート機能
強化

柔軟な集計レポート、新しいグラフ機能を搭載。
1)詳細な検索条件が設定可能に (複数の検索条件をAND、OR でつなぐ等)
2)任意の項目でログが集計可能に (従来まではアカウント単位や時間単位の集計のみ)
3)ログにある数値が集計可能に (従来までは数値も文字と認識していたため集計できず)

Active Directory
連携

Active Directoryに登録されている氏名情報をアクセスログのアカウント名に反映可能となりました。(アカウント名が社員番号で誰か判別できないなどに有効)

お問い合わせはこちらからお願いします。

お問い合わせ