導入事例:ALogシリーズ CASE ALogシリーズ

LinuxからIsilonサーバへの移行で必要になったアクセスログ

東京エレクトロン デバイス株式会社

  • IT企画部 堀田 信次郎 氏

急務となったアクセスログの取得

以前はLinuxのsamba+SAN環境でファイルサーバを構築していたので、sambaのログを自作のアプリケーションで加工して管理する、という運用でした。リプレース時期となりサーバ構成の見直しを行いました。そこで重要視したのは拡張性と効率的なバックアップの取得。最終的にIsilonへのリプレースを決断しました。Isilonならスケールアウト型のNASで拡張性に優れ、バックアップの問題も解消され、スムーズな運用ができると判断しました。
ただ、Isilonでは今まで使っていた自作のログ管理ソフトが使えないため、この点をどうするか、検討する必要がありました。操作履歴の管理を要求されていた背景もあり、ログ管理について根本から見直しました。

社内作成かツールか?

はじめは、Isilonの生ログや新規導入したADサーバの生ログを自作ソフトで管理することを考えておりましたが、運用の手間を考えてツールを導入することにしました。Isilonのログ取得製品を調査し、網屋さんのALogの評価を開始しました。以下の点が採用のポイントです。


1)Isilon(スケールアウト型のNAS)に対応していたこと
2)エージェントレスであったこと
3)ドメインコントローラのログと一元管理が可能であったこと


このようなログツールを導入する上で、やはり既存環境への影響を一番懸念しました。ALogは、サーバ/クライアント/ネットワークへの負荷が無い事と、ADのログ管理にも対応しているので容易に運用できると思いました。


ALogの導入によるログの一元管理

今後に期待すること

プラットフォームを気にせず、もっとログの標準化を図っていってもらいたいですね。近々クライアントログにも対応とのことですが、ノートPC、スマホの利用のログなど、EndPointのログにも手をのばしてもらいたいですね。

東京エレクトロン デバイス株式会社
本社

神奈川県横浜市神奈川区金港町1-4 横浜イーストスクエア

TEL

045-443-4000(代表)

代表者

代表取締役社長 栗木 康幸

設立

1986年(昭和61年)3月3日

資本金

2,495,750千円

従業員

880名(連結)

事業内容

・半導体製品、ボード製品、ソフトウェア、一般電子部品の購入・販売、および設計・開発を行うEC(電子部品)事業
・ネットワーク、ストレージ、ミドルウェア、ソフトウェアの各ソリューションの購入・販売を行うCN(コンピュータ・ネットワーク)事業

URL

http://www.teldevice.co.jp/

ALog Series 業種別導入事例集

~7業種18社の事例を掲載~

ページ先頭へ