導入事例:Running Supporter CASE Running Supporter

情報システム部を持たない企業の最適解!
高騰するITサポート費用を適正価格へ「Running Supporter」

株式会社きらぼしコンサルティング

きらぼしコンサルティング様は、東京きらぼしフィナンシャルグループのメンバーとして、3,000社に上る会員様に情報提供サービス、セミナーや講演会の開催、専門家による各種相談等を中心に、豊富な経験に基づいた多彩なサービスを提供するコンサルティング企業です。今回、情報システム業務の一部を「Running Supporter」に一任された背景と効果について業務部 部長 新藤修様にお話を伺いしました。

  • インタビューに応じていただいた
    業務部 部長 新藤修氏

導入の経緯 / 導入前の状況

情報システム系のサポートサービスを利用していたが、高コストが問題になっていた。

いわゆる情報システム系の業務は、以前からアウトソーシングサービスを利用していましたが、費用が高額になるという問題がありました。高額になる原因は、何かサポートをお願いするたびに次々に費用が積み増しになる従量制の料金体系にありました。

1人の担当者に業務が集中していたが、属人的な体制になるのは避けたい。

以前はIT知識を持った特定の社員に頼った運用になっていましたが、担当者の不在で行き詰まるような運用では問題です。誰が行っても同じ品質で業務を遂行できる体制にしなければという課題は常にありました。

Running Supporterの選定理由

サーバ統合 & クラウド化、テレワーク導入等を成功させた実績。

実は過去1年間で、都内2拠点のサーバ統合とクラウド化、全社規模での事業所移転、さらにテレワークの導入と、立て続けにITに関する大きなプロジェクトがあり、これらすべてを成功させてくれたのが網屋さんでした。実績を考えれば、長くお付き合いできるパートナーとして間違いないと判断しました。

導入後の効果

情シスの強い味方、毎月1回の面談で問題点を改善。

わからないことを社外のプロの専任チームに随時問い合わせでき、解決策を話し合えるのが最高です。定額料金でサポートしてもらえるので、その都度コストを気にしなくていいのも助かります。また電話、遠隔操作、オンサイト、とスピーディにサポートしてもらえるので安心してお任せしています。

ベストなテレワークの選択

今までのベスト対応はどこになりますか?

テレワーク導入時ですね。実現のため網屋さんの「V-Client」という外部からセキュアにアクセスを可能にするソフトウェアを導入しました。テレワーク導入は、会社の急な方針転換で早急に環境を準備する必要があったのですが、網屋さんに相談したところスムーズに導入が実現しました。「V-Client」を活用したセキュアなアクセスはもちろんですが、テレワーク用のPC管理や紛失時の対策など、導入時に考えておかなければならないセキュリティ対策もご提案いただき、安全で安心なテレワーク環境を構築できました。テレワーク環境は、これまで問題なく快適に利用できています。

株式会社きらぼしコンサルティング
設立年月日

1984年7月

事業内容

各種セミナー・講演会、企業経営関連情報提供、コンサルティング(M&A、IPO、人事制度)など

所在地

〒107-0062東京都港区南青山3-10-43 きらぼし銀行内

URL

http://www.kiraboshi-consul.co.jp/

ページ先頭へ