網屋の事業

網屋の事業

データセキュリティ事業 ネットワークセキュリティ事業1996年12月に設立された株式会社網屋は、セキュリティ対策ソフトウェアパッケージ製品「ALogシリーズ」の開発および販売を行う「データセキュリティ事業」と、セキュアなITネットワーク基盤を設計・構築する「ネットワークセキュリティ事業」の二つの事業を軸に、お客様のICTインフラに関わるニーズを総合的に提供しています。

データセキュリティ事業

当社のデータセキュリティ事業が手掛ける「ALogシリーズ」の主力製品「ALog ConVerter」は、重要データが格納されているサーバ側のログを記録するサーバアクセスログソフトウェア製品です。
完全自社開発にてビジネスをスタートし、発売以来サーバログ市場を常にリードする製品として国内シェアトップの実績を誇ります。

データセキュリティ事業

ネットワークセキュリティ事業

当社のネットワークセキュリティ事業は創業期より、ハイエンドのネットワーク通信機器に複合的な専門技術を付帯してお客様に提供する、ネットワークインテグレーションの業務に従事してまいりました。
現在はこれに加え、長年のネットワーク技術経験を活かした自社商品として、あらゆるネットワーク機器をクラウド(リモート)でコントロールするサービス「Network All Cloud」を手掛けています。

ネットワークセキュリティ事業

メーカーとしての実績

  • ALog 13年連続 No.1 2006-2018 サーバーアクセスログ市場 国内シェア

    出典:ミック経済研究所「ガバナンス&監査編 2019年版 サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望」 2019年6月 発刊

  • クラウドVPN Verona 1200社以上 2018年度実績
  • クラウド無線LAN Hypersonix 1400社以上 2018年度実績

海外展開

中華圏/ASEAN/欧米の各国で現地のパートナー企業とともに製品サポートを実施しています。

  • [導入実績]
  • 中華圏:台湾/中国
  • ASEAN:シンガポール/タイ/ベトナム
  • 欧米:アメリカ/イギリス

海外展開 導入実績

海外展開

日本発のソフトウェアを世界へアピールすべく、海外へのプロモーションを積極的に行っています。

  • Code Bali 2018
  • seamless Thailand 2018
  • ASOCIO 2018 Tokyo
  • CyberSec 2019(台湾)