網屋とeZoom Information、台湾ビジネス協業
~台湾市場にて"ALog ConVerter"の販売を強化~


株式会社網屋

株式会社網屋(本社:東京都中央区、代表取締役:伊藤 整一、以下「網屋」)は、eZoom Information, Inc.(本社:台北、会長兼社長:マーガレット・カオ)と販売代理契約を締結し、サーバアクセスログ管理ツール"ALog ConVerter"の台湾市場での販売を強化いたします。

網屋は、日本及び台湾を始めとしたアジア市場において、情報漏洩対策としてのサーバのアクセスログ管理ツール"ALog ConVerter"の開発と販売を行ってきました。
この度、台湾に強力な販売チャネルを持つeZoom Information社に対して、その販売及びユーザーへのサポート業務を委託することで、台湾市場での販売をさらに強化して参ります。

"ALog ConVerter"は、日本・アジア諸国においてサーバアクセスログのスタンダード製品として、米国の"Info Security Products GLOBAL EXCELLENCE AWARDS 2013" Products and Solutions for Asia-Pacific部門の"Gold Prize"を受賞、世界でも2,000社以上の企業に採用されご好評を頂いており、お客様にとってよりセキュアで快適なシステム運用環境を提供します。

両社のコメント

eZoom Information, Inc. 代表取締役会長兼社長Margaret マーガレット・カオ

「ICTセキュリティソリューションのリーディングカンパニーである網屋との協業の機会を得られたことをうれしく思います。このパートナーシップは、お客様のICT対策へ貢献し、我々のビジネスの発展にも繋がると確信しています」

網屋 代表取締役社長 伊藤 整一

「強い販売チャネルと技術力を持つeZoom Information社と網屋のパートナーシップを実現できたことにより、需要が高まる台湾市場でさらなる販路の拡大が可能となりました。網屋の"ALog"が台湾のお客様のセキュリティ環境の向上に貢献できることを嬉しく思います」

ALog ConVerterとは

2005年9月より販売開始をした、エージェント(常駐ソフト)を必要としないサーバアクセスログ管理ツールです。ファイルサーバへのデータアクセスや、ドメインログオンなどの操作をサーバのイベントログから取得し、独自技術による検索分析、軽量のログファイルへの圧縮保管を可能としたオールインワンのトータルログ管理ソリューションです。
※「ALog ConVerter」は、2,000社以上に採用されています。

台湾向け製品WebサイトURL

http://www.amiya.com.tw/

eZoom Informationについて

マーガレット・カオ女史によって設立されたeZoom Information Inc.(eZoom)は、Marketech International Corp.(MIC)(TW:6196) 100%出資による子会社です。台北、新竹、台南他の地域に営業・サービスセンターを所有しています。eZoomは、プロフェッショナルのテクノロジーサービス・プロバイダーとして、ICT及びエンタープライズインテグレーション・ソリューションをご提供しています。

会社ホームページ

http://www.eZoominfo.com/

株式会社網屋について

会社ホームページ:https://www.amiya.co.jp

1996年12月に設立された株式会社網屋は、セキュリティ対策ソフトウェアパッケージ製品「ALogシリーズ」の開発および販売を行う「SAP(Security Audit Product)事業」と、セキュアなITネットワーク基盤を設計・構築する「IT基盤事業」の二つの事業を軸に、お客様のICTインフラに関わるニーズを総合的に提供しています。

記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

報道関係お問い合わせ先

担当:株式会社網屋 営業本部 グローバルセールスユニット 米澤
TE L:03-6822-9999(代表)
お問い合わせ:gb-sales@amiya.co.jp

プレスリリース一覧へ