ニュース NEWS

  • ホーム
  • ニュース
  • 熊谷組が全国300以上の建設現場にクラウド無線LAN「Hypersonix(ハイパーソニックス)」を導入

プレスリリース

熊谷組が全国300以上の建設現場にクラウド無線LAN「Hypersonix(ハイパーソニックス)」を導入

株式会社網屋(東京都中央区/代表取締役 伊藤整一/以下、網屋)は、網屋が提供する「Hypersonix(ハイパーソニックス)」が、株式会社熊谷組(東京都新宿区/取締役社長 樋口靖/以下、熊谷組)の建設現場の無線アクセスポイントに採用されたことを発表いたします。

Hypersonix(ハイパーソニックス)は、無線アクセスポイントをクラウド上から設定・メンテナンスする”クラウド無線LAN”であり、高いセキュリティと安定した通信を提供することはもちろん、多拠点への設置・撤去がスピーディで運用負担が極めて少ないことが特徴です。

この点が、全国に常時300以上の有期的な建設現場を構える熊谷組において評価され、この度の採用に至りました。
また、熊谷組では併せて、Hypersonix(ハイパーソニックス)の姉妹製品であるクラウドVPN「Verona(ヴェローナ)」を導入。
Verona(ヴェローナ)のVPNルータをインターネットゲートウェイとして利用することで、各地の建設現場のIT機器をクラウド上から一括で管理する環境を実現しました。
網屋は、これまでに培った数々の多店舗・多拠点への導入実績に、今回の熊谷組の実績を加え、利便性の高いネットワークサービスを今後も積極的に提供して行きます。

Hypersonix(ハイパーソニックス)とは

Hypersonix(ハイパーソニックス)は、無線アクセスポイントをクラウド上の管理センターで集中管理することで、お客様のメンテナンスの手間を無くし、高い技術を提供し、コストを大幅カットするWiFiフルマネージドサービスです。導入から稼働まで、お客さまは3ステップで手続き完了。店舗や工場などの多拠点展開もスピーディに実現します。

※本図はHypersonixの一般的な構成であり、熊谷組における構成ではありません。

製品URL https://www.amiya.co.jp/solutions/hypersonix/
ページ先頭へ