開催日:2014年5月28日(水)開催場所:大阪

  • ALogシリーズ

株式会社大塚商会 主催

パソコンの危機管理は大丈夫ですか?
~Webサイトの閲覧やUSBメモリの利用も感染リスクにつながります~

大塚商会様主催で「パソコンの危機管理は大丈夫ですか?~Webサイトの閲覧やUSBメモリの利用も感染リスクにつながります~」を開催致します。

ALog ConVerterの製品紹介だけではなく、PCログ管理と比較したサーバログ管理のポイントについてもご紹介いたします。
ご興味のある方は是非ご参加ください!

【プログラム】

14:30~15:10 パソコンの危機管理は大丈夫ですか?
Webサイトを見るだけでウイルスに感染したり、OSやアプリケーションの脆弱性を衝く攻撃に代表されるサイバー攻撃などITの利便性が高まる一方、セキュリティリスクも増大しています。これらの対策として「Webアクセス」・「ログ」・「USB」・「IT資産」それぞれの管理を中心にご紹介します。
講師:エムオーテックス株式会社
15:20~16:10 持ち出したUSBメモリ格納データの証跡を追え!
ファイル操作ログを自動記録するUSBメモリをご紹介します。管理サーバと通信可能な環境下では蓄積したログデータを自動送信することで、今まで見えなかった社外利用状況の把握が可能となります。
また、ウイルス感染ログも取得可能ですので、感染源など情報把握などを含めた最適なセキュリティUSBメモリの運用方法をご紹介します。
講師:イーディーコントライブ株式会社
16:20~17:00 サーバログ監視で情報漏えい抑止 ~サーバ集中管理で重要データを守る~
サーバに多数存在する重要情報。これらに対するアクセスログを管理することは、セキュリティの基本です。「ALog ConVerter」はサーバ上のファイルに対し、「誰が、いつ、何をしたか」をわかりやすいログとして整理し、簡単に検索・レポート化できるツールです。本セミナーでは、PCログとサーバログの違いも含め、サーバログ管理のポイントをわかりやすくご説明します。
講師:株式会社網屋
 

開催終了しました

紹介製品

サーバアクセスログ
ALogシリーズ
ALog ConVerterをはじめとしたALogシリーズ製品は、重要データへのアクセス記録をエージェントレスで取得する製品です。
エンドポイントに依存せず、サーバ群から得た情報をもとにセキュリティインシデントを検知および追跡するシステムとして、発売以来常にサーバログ市場国内シェアトップの実績を誇ります。

イベント開催情報

会期 2014年5月28日(水)14:30~17:00(受付開始14:00)
会場 株式会社大塚商会
KM西梅田ビル9F セミナールーム
大阪府大阪市福島区福島7-20-1 【地図】
JR大阪環状線「福島駅」より 徒歩5分
JR東西線「新福島駅」出口1より 徒歩7分
阪神電鉄「福島駅」西出口2番より 徒歩7分
定員 30人
参加費 無料(事前予約制)
主催 株式会社大塚商会
このエントリーをはてなブックマークに追加