開催日:2015年2月25日(水)開催場所:品川

  • ALogシリーズ

日本電気株式会社 主催

ファイルサーバは無法状態になっていませんか?
~秩序ある情報管理の考え方と具体的なリスク対策について~

ファイルサーバ管理に手間・時間をかけることは難しい、しかし放置していると無法状態となりシステムコストや情報漏えいリスクは増大する一方です。
また、危機管理と事業継続の面から、災害対策に取り組まれる企業が増えています。
本セミナーでは導入事例を交えてファイルサーバ管理と災害対策についてご紹介します。

【プログラム】

14:00~14:05 ご挨拶
14:05~14:45 ファイルサーバは無法状態になっていませんか?
企業活動で生成される情報は年々増加しており、無法状態になったファイルサーバはシステムコストや情報漏洩リスクを増大させています。本セッションでは住友電装株式会社様の導入事例を交えて、容量肥大化抑制とセキュリティ対策を行う一石二鳥ソリューションNIAS(NEC Information Assessment System)をご紹介します。
日本電気株式会社 プラットフォームビジネス本部
14:45~15:15 1,700社の導入実績から分かったログの活用法
ファイルサーバ内に蓄積される重要データ。それらの情報に対するアクセスログ管理の重要性は日々高まっております。本セッションではサーバアクセスログ監査製品市場シェアNo.1のALog ConVerterを導入事例を交え、ご紹介させて頂きます。
株式会社網屋 営業本部東日本営業部
15:15~15:30 休憩
15:30~16:00 最適なファイルサーバ選定のポイント
急激な勢いで増加を続ける企業内データを管理・運用していくためには、従来のストレージ技術では解決困難な課題が多数存在します。身近な事例や、ファイルサーバのあるべき将来像を交えながら、NECが提供するNAS(iStorage、EMC VNX、EMC Isilon)のソリューションをご紹介します。
日本電気株式会社 プラットフォームビジネス本部
16:00~16:30 ファイルサーバのデータ保護(バックアップ、災害対策)
バックアップは取りたいけど、時間とお金は掛けたくない。どうすれば、効率的なデータ保管が出来るか。ファイルサーバ活用シーンに合わせたバックアップ・災害対策/アーカイブの方法を、最新のストレージ(iStorage HS、EMC Avamar)、ソリューション、サービスを交えて、ご紹介いたします。
日本電気株式会社 プラットフォームビジネス本部
16:30~16:45 質疑応答

※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

 

開催終了しました

紹介製品

サーバアクセスログ
ALogシリーズ
ALog ConVerterをはじめとしたALogシリーズ製品は、重要データへのアクセス記録をエージェントレスで取得する製品です。
エンドポイントに依存せず、サーバ群から得た情報をもとにセキュリティインシデントを検知および追跡するシステムとして、発売以来常にサーバログ市場国内シェアトップの実績を誇ります。

イベント開催情報

会期 2015年2月25日(水)14:00~16:45(受付開始13:30)
会場 NECイノベーションワールド 品川イーストワンタワー7階
〒108-0075 東京都港区港南2-16-1 【地図】
JR品川駅港南口より徒歩1分
京浜急行線品川駅より港南口方面 徒歩5分
定員 60名
参加費 無料(事前登録制)
主催 日本電気株式会社
特別協力 株式会社網屋 / EMCジャパン株式会社 / ビジネス+IT
このエントリーをはてなブックマークに追加