開催日:2015年3月13日(金)開催場所:大阪

  • ALogシリーズ

図研ネットウエイブ株式会社 主催

EMCスケールアウトストレージ ソリューションセミナー
~ハードディスクからフラッシュまで最新のストレージソリューションと導入事例をご紹介~

ストレージを取り巻く世界ではフラッシュモジュールの低価格化に伴い、従来のハードディスクストレージからオールフラッシュ型ストレージへの流れが進んでいます。本セミナーではEMC社が提供するオールフラッシュアレイ XtremIOについて、フラッシュモジュール特性の違いを含め、分かり易くご紹介致します。

XtremIOは従来のHDD型ストレージから飛躍的に向上したパフォーマンスを発揮するだけでなく、XBrickという単位で柔軟かつ簡易に拡張が可能なスケールアウト型ストレージです。 XtremIOの製品説明に合わせて、米国の導入事例などのご紹介を行います。

セミナー後半ではEMCスケールアウトNAS Isilonについてご紹介を行います。

Isilon従来メディアエンターテイメント業界に強いストレージとして注目を集めてきましたが、近年では公共系やライフサイエンス、金融といった幅広い業界での販売実績を積み重ねている国内No.1のスケールアウトストレージ製品です。Isilon製品概要のご紹介や最新技術動向と共に、EMC Isilon APJ Awardを受賞した図研ネットウエイブがIsilon販売実績などを踏まえた最新の適用事例や販売事例などをお話致します。

また、ファイルサーバ内に日々蓄積されていく重要データに関して、アクセスログ管理の重要性が注目されております。サーバーアクセスログ市場 No.1のALog ConVerterに関するご紹介と導入事例デモンストレーションなどを交えてご紹介させて頂きます。

本セミナーは昼食付となります。ご参加頂きアンケートにご回答頂いた方にQuoカードをプレゼント致します。

【プログラム】

11:00 ~ ご挨拶
11:20 ~ 12:00 「オールフラッシュストレージ XtremIOのご紹介」
12:00 ~ 13:00 昼食休憩 (本セミナーは昼食付です)
13:00 ~ 13:40 「IsilonスケールアウトNASのご紹介」
13:40 ~ 14:00 「EMC製品導入事例のご紹介」
14:00 ~ 14:15 休憩
14:15 ~ 15:00 「ファイルサーバログの活用事例」
15:00 ~ 15:30 「ALog ConVerter のご紹介 / デモンストレーション」
15:30 ~ 16:00 Q&A

※セミナーの内容に関しましては、予告なく変更となることがありますので予めご了承願います。

 

開催終了しました

紹介製品

サーバアクセスログ
ALogシリーズ
ALog ConVerterをはじめとしたALogシリーズ製品は、重要データへのアクセス記録をエージェントレスで取得する製品です。
エンドポイントに依存せず、サーバ群から得た情報をもとにセキュリティインシデントを検知および追跡するシステムとして、発売以来常にサーバログ市場国内シェアトップの実績を誇ります。

イベント開催情報

会期 2015年3月13日(金)11:00~16:00
会場 EMCジャパン株式会社 西日本支社セミナールーム
〒530-0003 大阪市北区堂島1丁目5-30 堂島プラザビル11F 【地図】
定員 20名
参加費 無料(事前登録制)
主催 図研ネットウエイブ株式会社
特別協力 EMCジャパン株式会社 / 株式会社網屋
このエントリーをはてなブックマークに追加