開催日:2015年7月30日(木)開催場所:品川

  • ALogシリーズ

株式会社日立製作所/株式会社日立ソリューションズ 主催

なくならない情報漏洩。適切な情報管理が必要な今、ファイルサーバ運用のあるべき姿とは

業務データの増加に伴い、容量が増加し続けるファイルサーバ。
情報漏洩対策をはじめとした適切な運用管理ができていますか?
マイナンバー制度開始など個人情報保護の必要性が高まっている今なお、企業からの情報漏洩事件が後を絶ちません。ファイルサーバの管理が適切に行われていないと、運用コストが増加するだけでなく、お客さまのビジネスに直結する情報漏洩事件にも繋がる可能性があります。
本セミナーでは、セキュリティ対策における企業の現状や、ファイルサーバをどのように運用管理すべきか、また、情報漏洩を起こさないための内部不正・サイバー攻撃対策について、事例を交えてご紹介いたします。

【プログラム】

14:30~14:35 ご挨拶
14:35~15:15 【基調講演】拡大する脅威、すべての企業を脅かすセキュリティリスクとは
企業や官公庁での情報漏洩事件・事故が後を絶ちません。加えて、マイナンバー制度の開始を契機に、守らなければならない個人情報がすべての企業で増大します。厳しさを増すセキュリティリスクの現況と今後の動向、標的型攻撃や内部犯行による情報漏洩に対抗するための方策についてお話しします。
講演:日経BPイノベーションICT研究所 上席研究員 井出 一仁 氏
15:15~15:45 今こそファイルサーバの適切な運用管理を!
データ量増加に伴い、ファイルサーバ管理が煩雑になっていませんか?増え続ける容量に、散在する機密情報、管理者の負担増など、このような課題はないでしょうか。
本セッションでは、ファイルサーバの現状を把握し、不要ファイル削除による容量適正化、機密ファイルの保護など、ファイルサーバを適切に運用管理する方法と、その基盤となる日立の高信頼性プラットフォームもあわせてご紹介します。
講演:日立ソリューションズ
15:45~15:55 休憩
15:55~16:25 情報漏洩対策に!今すぐはじめるアクセス履歴管理
デバイス制御やユーザーの行動監視など、PC管理も大変重要です。しかし同時にコスト面、運用面の問題も無視できません。重要なデータが存在するファイルサーバへの操作監視は、より効率的なセキュリティ対策です。本セッションではサーバログ管理のデファクト「ALogConVerter」を事例、デモを交えて詳細に説明させて頂きます。
講演:株式会社網屋
16:25~16:55 重要情報の漏洩を起こさないための効果的な対策 ~内部不正・サイバー攻撃対策のポイント~
近年、内部不正や標的型サイバー攻撃による企業の重要情報や個人情報の漏洩が相次いで発生しています。スマートフォンなどのモバイルデバイスの急速な普及、クラウド環境の利用拡大など業務をとりまく環境の変化や高度化・巧妙化するサイバー攻撃に対して、対策を既に実施しているつもりでも不足点がある場合があります。
本セッションでは、基本的な対策ポイントや内部不正・サイバー攻撃による情報漏えいリスクの軽減を実現するソリューションについてご紹介します。
講演:日立ソリューションズ
16:55~17:00 質疑応答

※競合会社様のお申し込みはお断りする場合がございます。ご了承ください。

 

開催終了しました

紹介製品

サーバアクセスログ
ALogシリーズ
ALog ConVerterをはじめとしたALogシリーズ製品は、重要データへのアクセス記録をエージェントレスで取得する製品です。
エンドポイントに依存せず、サーバ群から得た情報をもとにセキュリティインシデントを検知および追跡するシステムとして、発売以来常にサーバログ市場国内シェアトップの実績を誇ります。

イベント開催情報

会期 2015年7月30日(木)14:30~17:00(受付開始14:00~)
会場 品川イーストワンタワー13F
ハーモニアス・コンピテンスセンター内「日立ITセミナー」
〒108-0075 東京都港区港南二丁目16番1号 【地図】
JR品川駅・中央改札口より徒歩約4分
京浜急行品川駅・高輪口より徒歩約5分
定員 30名
対象者 大容量・大規模化するファイルサーバの運用にお困りのお客さま
情報漏洩対策をご検討のお客さま
参加費 無料(事前登録制)
主催 株式会社日立製作所/株式会社日立ソリューションズ
このエントリーをはてなブックマークに追加