開催日:2015年11月6日(金)開催場所:大阪

  • ALogシリーズ

兼松エレクトロニクス株式会社 主催

マイナンバーで求められるセキュリティ対策セミナー

本セミナーではマイナンバーで求められるセキュリティ対策として、パロアルト社、エムオーテックス社、網屋による防御からログ対策までのソリューションをご紹介、最後にKELセキュリティ診断サービスのご紹介をいたします。是非この機会にセミナーにご参加ください。

【セミナー内容】

14:30-14:35 オープニング
14:35-15:15 マイナンバー制度に備える ~効果的な内部情報漏えい対策とは~
「アンチウイルス技術はもう死んだ」。サイバー攻撃手法の高度化により、世界最大手セキュリティソフトウェア会社がギブアップ宣言を出す時代になりました。一方、日本ではマイナンバー法施行によりサイバーセキュリティの重要性が高まっています。既存技術が通用しない中、どうやって防御するのかを、講師がやさしく解説します。
パロアルトネットワクース株式会社
15:15-15:55 マイナンバー制度に備える ~効果的な内部情報漏えい対策とは~
2016年1月よりマイナンバー制度の運用がはじまるにあたり、安全管理措置ガイドラインに則した漏えい対策が必須です。
本セッションでは有効な情報漏えい対策についてご説明いたします。
エムオーテックス株式会社
15:55-16:05 休憩
16:05-16:45 ログ管理ツール選びのポイントを教えます
マイナンバーをはじめ、重要情報を格納しているファイルサーバやデータベース。これらに対する不正アクセスを防止するには、まずアクセスの実態を「もれなく」把握することが必要となります。
本編では「セキュリティ対策にログ管理を!」という理屈だけではなく、さまざまなログ管理ツールの中から、なにをどういう基準で選べばいいか明確な判断基準をお伝えするとともに、リリースされたばかりの「ALog ConVerter V7」のご紹介をいたします。
株式会社網屋
16:45-17:00 セキュリティ診断サービスのご紹介
個々のセキュリティ対策はもちろん重要ですが、企業全体を見渡してセキュリティがどのような体制が対応できているか診断してみませんか。KEL独自のセキュリティ診断サービスをご紹介いたします。
兼松エレクトロニクス株式会社

※ 内容は予告なく変更になる場合があります。
また、競合他社様のご入場はお断りする場合がございますので、ご了承ください。

 

開催終了しました

紹介製品

サーバアクセスログ
ALogシリーズ
ALog ConVerterをはじめとしたALogシリーズ製品は、重要データへのアクセス記録をエージェントレスで取得する製品です。
エンドポイントに依存せず、サーバ群から得た情報をもとにセキュリティインシデントを検知および追跡するシステムとして、発売以来常にサーバログ市場国内シェアトップの実績を誇ります。

イベント開催情報

会期 2015年11月6日(金)14:30~17:00(受付開始14:00)
会場 兼松エレクトロニクス株式会社 大阪支社7階 セミナールーム
〒541-0047 大阪市中央区淡路町3-1-9 淡路町ダイビル7階 【地図】
定員 40名(事前登録制)定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。
参加費 無料
主催 兼松エレクトロニクス株式会社
特別協力 株式会社網屋 / エムオーテックス株式会社 / パロアルトネットワークス株式会社
このエントリーをはてなブックマークに追加