クラウドVPNサービス Verona

V-Gatewayとは

V-Gatewayは、クラウド上のセキュリティゲートウェイを通信経由させることで、内部からの不適切または不正なインターネットアクセスをフィルタリングする出口対策ソリューションです。
アプライアンスのような専用機器・複雑な設計・初期設定が不要。クライアント端末へのパターンファイルやエージェントインストールも要りません。
※ V-Gatewayのご利用にはV-edgeが必要です。

V-Gatewayの機能

サイバー攻撃対策

クラウド上で常に最新の脅威情報を更新。
C&Cサーバーなど標的型攻撃に用いられる脅威サイトへの通信をブロックします。

Webフィルタリング

不正・有害なWebサイトへのアクセスをブロック。
大手携帯キャリアにも採用される高精度URLデータベースを搭載。サイトカバー率98%で精緻なフィルタリングが可能。

V-Gatewayのサイバー攻撃対策

C&Cサーバへのアクセスをブロック

マルウェアに感染した端末からの、C&Cサーバへの通信を防ぎます。
サイバー攻撃対策では、不正侵入を防ぐ対策と感染端末からの被害拡大を防ぐ対策の両方が重要です。
感染端末からのC&Cサーバへのアクセスをブロックできれば、万が一侵入を許しても被害は最低限に抑えられます。

脅威インテリジェンスを常に最新化

V-Gatewayは、クラウドの利点を活かしてワールドワイドのサイバーセキュリティ情報・知識を集約しています。
常に最新の脅威インテリジェンスを利用することができます。

  • リスクアセスメント情報

    世界中から収集したマルウェアの振る舞いをサンドボックスで解析し、未知の脅威を検出

  • ボットネット追跡システム

    C&Cサーバからの攻撃指令を監視。
    内容を分析して攻撃の特性を把握。

  • アナリストの知見

    世界中のアナリスト集団が24時間体制で監視するサイバー攻撃情報を随時収集。

V-GatewayのWebフィルタリング

主な機能

  • キーワード規制

    あらかじめ登録したキーワードがSNSへの書き込みやサーチエンジンへの検索内容に含まれていると閲覧や書き込みを規制します。

  • グループ管理

    組織ごとに異なるルールでアクセス制限することができます。
    3階層まで作成でき、子グループ単位での制御や親グループでの一括制御が可能です。

  • ログ分析・レポート

    ユーザーのWebアクセスの状況や、閲覧・キーワード規制の回数などをレポート。全ユーザーのWeb利用状況を可視化でき、傾向分析に役立ちます。

    ※グラフの出力には別途オプションが必要です

  • ルール緩和申請

    規制解除の申請をワークフロー化。
    管理者だけでなく、任意の宛先に申請内容を送信できるため、組織の申請フローに基づく運用が可能。

高精度のURLデータベース

実績のある高精度URLデータベースに照らし合わせてユーザーの不正サイトへのアクセス、業務上不必要なWebアクセスをブロックします。

  • 33億以上の登録Webサイトを分類

    45億以上のWeb情報をデータベースに蓄積してカテゴリー分類。企業のWebアクセスの98%をカバーします。

  • 時勢に即したURL

    URLカテゴリーは時勢を鑑み、随時更新。
    専任のリサーチャーが分類の適正を365日チェックしています。

  • 圧倒的なフィルタリング精度

    国内携帯事業者3社が採用する、ALSI製のURLデータベースを搭載しています。

サービス資料ダウンロード

サービスの概要資料をPDF形式でダウンロードいただけます。

サービス概要資料

製品を実際にご利用いただいているユーザー様のインタビュー記事をご覧いただけます。

導入事例集

お問い合わせはこちらからお願いします。

お問い合わせ 30日無料トライアル