simplify network Ubiquiti UniFiシリーズ

UniFiスイッチのリンクアグリゲーション構成

概要

ここでは、UniFiスイッチでリンクアグリゲーションを構成する方法と、その際に考慮すべき事項について説明します。
リンクアグリゲーショングループ (LAG) を使用してUniFiスイッチを構成すると、ネットワーク管理者はネットワークパスの最大スループットを拡張できます。

リンクアグリゲーション制御プロトコル (LACP) は、動的にネゴシエートされるプロトコルであり、他ベンダー同士でも互換性があり、各エンドポイントで実行できることを保証します。
LACPは、結束されたリンクの1つに障害が発生した場合に、フェイルオーバーする機能も提供します。

リンクアグリゲーション構成イメージ

リンクアグリゲーションの設定

  • UniFi Network Controllerの[設定] > [デバイス]から、目的のUniFi Switchをクリックして[プロパティ]を開きます。
  • 目的の[ポート]をクリックし、[オペレーション]を[アグリゲート]に変更し、[アグリゲートポート]でリンクアグリゲーショングループに参加するポートを選択し[適用]します。

  • 注意:両端のスイッチのLAGは、同じポートプロファイルを持っている必要があります。ポート番号は一致する必要はありません。

重要な考慮事項

制限事項
  • LAGには最大6つのポートを構成できます。これらのポートは、番号が連続している必要があります。
  • 最大6つのLAGを構成できます。
  • 静的LAG構成はサポートされていません。LACP (IEEE 802.3ad) のみとなります。
  • マルチシャーシリンク集約グループ (MLAG) は実装されていません。
STPのコスト

LAGを定義するときは、STP (Spanning Tree Protocol) ポートのコストが、LAGに参加しているアクティブなリンクの数で割られます。

  • 例:
ポート数 コスト
4 x 1Gbps ports (20,000 original port cost) 5,000
2 x 10Gbps ports (2,000 original port cost) 1,000

LAGは、ルートブリッジへのポートコストに基づいて最適なパスを変更する場合があります。管理者が定義したルートブリッジが選択されていることを確認してください。

設定の順番
  • UniFiスイッチ間のリンクアグリゲーションを有効にする場合、プロビジョニングを実行するためにコントローラへの疎通を維持することが重要です。
  • LAGを有効にするときは、構成の変更が最初にダウンストリーム側のスイッチで行われ、次にアップストリーム側のスイッチで行われることを確認してください。
UniFiスイッチのLACPアルゴリズム

送信元/宛先MACアドレス, VLAN, EtherType, およびパケットに関連付けられた着信ポートに基づくハッシュとなります。

スループットについて

あるホストから別の単一ホストへのトラフィックでは、スループットの向上は見られません。
LACPに使用されるハッシュアルゴリズムは、単一のホスト間のトラフィックではデータストリームを分割しません。
スループットの向上を確認するには、複数のホストが同時にトラフィックを通過させる必要があります。

CLIによる確認
  • カウンターを含むLAGインターフェースに関する情報を表示する:show interface lag #
  • すべてのポートでLACPパートナーを表示する:show lacp partner all
ページ先頭へ