製品・サービス

PRODUCT&SERVICE

製品・サービスTOP

データセキュリティ

ネットワークセキュリティ

インフラセキュリティ

COMPANY

会社情報

IR

IR情報

NEWS

ニュース

閉じる

EDR監視はAIに任せるがこれからの主流 最高峰の保護・検知能力を有する次世代型EDRとは?

EDR監視はAIに任せるがこれからの主流 最高峰の保護・検知能力を有する次世代型EDRとは?

本ウェビナーは終了しました

世界初のAI搭載自立型EDR「SentinelOne」をご紹介するウェビナーです。

SentinelOneの特徴は、なんといっても高い分析能力と最高峰の保護・検知能力にあります。検知スピードも、数あるEDR製品の中でセンチネルだけが遅延ゼロという最高の成績を上げています。AIによる24時間365日の監視及び分析が可能なセンチネルワンの魅力を、是非このウェビナーでご体感ください。

AI搭載 自立型EDR「センチネルワン」をご紹介

自動化されたEDR/AI監視を人が補助する/自立型EDR/SentinelOne

■ なぜ、EDRを導入する企業が増えているのか?

マルウェア・ランサムウェアの進化は目まぐるしく、これまでエンドポイントセキュリティのスタンダートとされてきたアンチウイルス(EPP)では太刀打ちできなくなってきています。未知のマルウェア・ランサムウェアがEPPをすり抜けるようになってきているのです。

ランサムウェア被害組織の92%がウイルス対策ソフトで検出がなかった/EPPとEDRの検知範囲

これに対処するために、多くの企業が導入を進めいているのがEDR(Endpoint Detection and Response)です。
エンドポイントの挙動を監視し、EPPでは防げない未知の脅威を素早く検知します。さらに、端末や感染分の切り離しファイル修復などといったスピーディーなインシデントレスポンスもかなえます。

■ EDRを選ぶときの3つのポイント

未知のマルウェアをどれだけ検知できるか

どれだけリアルタイムに検知ができるか

有事の際にスピーディーなインシデント対応へ繋げられるか否か

SentinelOne

★こんな方に おススメ!

  • ● EDR導入を検討している方
  • ● セキュリティに不安をお持ちのITご担当者様
  • ● 導入済EDRに不満をお持ちの方

※類似商品を販売しているお客様の場合は、お断りすることがございます。

セミナー概要

形式 ウェビナー(Webセミナー)
定員 300名
参加費 無料(事前申込制)
主催 株式会社網屋

■本セミナー受講に当たって

  • 申し込み完了時に視聴用URLを送付させていただきます。(視聴用URL は申込み者様ご本人のみ利用可能)
  • 当日は安定したインターネット環境でご利用されることをお勧めいたします。

■免責事項

  • 機材トラブルにより開催の遅延・または中止をする場合がございます。
  • 当日いただいたご質問には、内容や時間の都合上、すべてに回答できない場合がございます。
  • 著しく進行の妨げとなる事態が起こった場合、参加をご遠慮いただく場合がございます。

開催日程

2024年01月25日(木)

14:00 〜 14:30

※ プログラムは都合により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

Webセミナーに関するお問い合わせ先

  • 03-6822-9996
  • 株式会社網屋 セミナー事務局 担当:簗取
  • 03-6822-9998
  • seminar@amiya.co.jp
ページ先頭へ