製品・サービス

PRODUCT&SERVICE

製品・サービスTOP

データセキュリティ

ネットワークセキュリティ

セキュリティ教育

インフラセキュリティ

COMPANY

会社情報

IR

IR情報

NEWS

ニュース

閉じる

ニュース NEWS

  • ホーム
  • ニュース
  • オンプレミス環境のログを「ALog Cloud」へ一気にアップロード『ALog Cloud Forwarder』の無償提供を開始

プレスリリース

オンプレミス環境のログを「ALog Cloud」へ一気にアップロード『ALog Cloud Forwarder』の無償提供を開始
~オンプレ/クラウド問わず多様なログをクラウド上で管理出来るようになりました~

サイバーセキュリティサービスを提供する株式会社網屋(東京都中央区/以下、網屋/東証グロース:4258)は、2023年8月1日より、SaaS型SIEM「ALog Cloud」へオンプレミス環境のITシステムのログを直接アップロードする『ALog Cloud Forwarder』の無償提供を開始致しました。

オンプレ環境のログを集結し Forwarder で一気にクラウドへアップロード オンプレ環境のログを集結し Forwarder で一気にクラウドへアップロード 『ALog Cloud Forwarder』の無償提供を開始

ALog Cloudは、様々なITシステムのログをクラウド上に集約、一元的なマネジメントを実現するSaaS型SIEM製品です。クラウド環境のログはもちろん、オンプレミス環境のITシステムのログもALog Cloud上に取込み、これらをまとめて一元的に管理することが可能です。

この度のALog Cloud Forwarder(以下、Forwarder)無償提供開始により、オンプレミス環境のログを直接クラウド上へアップロード出来るようになりました。よりシンプルかつ効率的に、オンプレミス環境のログをALog Cloudへ取り込んで頂けます。

「ALog Cloud」製品紹介ページ https://www.amiya.co.jp/lp/alog_cloud/

Forwarderを利用したログアップロードのフロー

Forwarderを利用したログアップロードのフロー 1. Forwarderがオンプレミス環境の様々なログを集約 2. 膨大な量の生ログデータを圧縮 3. ALog Cloudへ直接アップロード

なお、複雑で膨大な量となるWindowsのログは、ForwarderによりALog Cloudへアップロードされた後、特許取得(*)の翻訳変換技術により「いつ・誰が・何をしたか」の誰でも⼀⽬でわかるログへと翻訳変換され保管されます。(* 特許第6501159号)

「いつ・誰が・何をしたか」の誰でも⼀⽬でわかるログへと翻訳変換され保管 ログを抽出+解除+要約、いつ だれが どのファイルに 何をした

またこの翻訳変換技術は、ログの見やすさはもちろん圧倒的コストパフォーマンスの実現にも寄与しています。
ALog Cloudは他SaaS型SIEM製品と同様にデータ容量で課金されますが、この翻訳変換技術によって約1/200にまで大幅に削減されたログ容量が課金の対象となります。そのため、他社製品と比較し圧倒的にランニングコストを抑えることが出来るのが特徴です。

圧倒的コストパフォーマンスの実現にも寄与
「ALog Cloud」製品紹介ページ https://www.amiya.co.jp/lp/alog_cloud/

ALogとは

ALogは、オンプレ/クラウド問わず多様な情報システムのログを自動で集約・監視するログマネジメントソリューションです。独自のログ翻訳変換技術やAIによる不正予兆検知など、高度なセキュリティ対策をカンタンに実現するための機能が多数備わっています。5,500契約以上の導入実績を持ち、業種や規模を問わず、国内外の多くのお客様にご利用いただいております。 また、”ログ管理のプロ”が行うMDR(最新の脅威に対する検知および対応)サービスによって、企業経営に欠かせないセキュリティ対策を包括的にサポートしています。

ALog
製品ページ https://www.amiya.co.jp/solutions/alog/
ページ先頭へ