閉じる

緊急インシデント対応サービス

緊急インシデント対応サービスは、事業継続を脅かすセキュリティインシデントの被害を最小化するために、素早い原因特定・状況把握、調査・分析を行い復旧に向けて、総合的に支援するサービスです。

今すぐ電話で相談する

03-6822-9909

(平日 9:00~18:00)

フォームから相談する

こんなインシデントに対応します

  • 怪しいメールを開いてしまった…

  • データが暗号化されてしまった…

  • 第三者より情報漏えいの指摘があった…

  • 知らないうちにWebサイトが書き換わっている

インシデントが発生してしまったら

インシデントが発生してしまった場合は、速やかな発見と対応を行う事が重要です。

  1. 初動対応

    被害の拡大を防止するとともに、二次被害を防ぐための対策を直ちに実施します。

  2. 調査

    発生したインシデントに対する具体的な調査を行います。

  3. 通知/報告/公表等

    被害者への通知をはじめ、警察庁やIPA(情報処理推進機構)、監督官庁などに届出を行うことも検討します。

  4. 抑制措置と復旧

    被害を拡大させないための措置と、復旧に向けた対策を行います。

  5. 事後対応

    再発防止策の検討を行います。

ワンストップで
支援します!

緊急インシデント対応サービスの特徴

セキュリティスペシャリストが、インシデントの初動対応時に重要な調査・対応・復旧を支援。今後の是正計画や実施すべき具体的な対策についてのコンサルティングまで、ワンストップでサポートします。

  • 公的資格を有するセキュリティスペシャリスト
  • 分析/影響特定/復旧支援
  • 再発防止策/今後の対策
  • 初動対応アドバイス

    適切な初動対応を支援することで、被害を最小化します。

  • デジタルフォレンジック

    マルウェア感染や標的型攻撃に対して、ネットワークや端末を調査・解析し、被害状況の把握を支援します。

  • ダークウェブ調査

    流出した情報がダークウェブ上で公開されていないかを調査します。

  • コンサルティング

    適切な初動対応から復旧に向けた総合的にアドバイスします。

先を見据えたインシデントマネジメントの支援も

日頃からインシデントマネジメントに取り組むことは、万が一のインシデントに正しく対処する、また未然に防ぐといった観点でも重要です。組織や個人の安全性、信頼性、効率性に直接的な影響を及ぼす前に、先を見据えたインシデントマネジメントを検討しましょう。

インシデントマネジメント

万が一に備えた対応から対策まで、インシデントマネジメントをトータルサポートします。

資料のダウンロードはこちら

  • 脆弱性診断サービス

    脆弱性診断サービス

    脆弱性診断サービスのご紹介

    資料をメールで受け取る

  • セキュリティ監査サービス

    セキュリティ監査サービス

    セキュリティ監査サービスのご紹介

    資料をメールで受け取る

  • CSIRT構築支援サービス

    CSIRT構築支援サービス

    CSIRT構築サービスのご紹介

    資料をメールで受け取る

  • SentinelOne

    自律型EDR SentinelOne

    世界初のAI搭載自律型EDR「SentinelOne」のご紹介

    資料をメールで受け取る

  • EDRの機能とその効果

    アンチウィルスは時代遅れ!? EDRの機能とその効果

    攻撃の侵入を即時検知し、被害の拡大を防ぐ注目のソリューション、EDR。本書では、EDR誕生の背景や、機能、導入の効果など、EDRについて詳しく紹介していきます。

    資料をメールで受け取る

  • 「技術・組織・人」3種の脆弱性と対策

    優先すべきサイバーセキュリティはどれ? 「技術・組織・人」3種の脆弱性と対策

    適切な対策を施せば多くのセキュリティ脅威を回避することができる「脆弱性」。本書では脆弱性の対策方法を具体的に紹介します。

    資料をメールで受け取る

  • セキュリティ投資がいかに収益を増大させるか?

    攻めのサイバーセキュリティ セキュリティ投資がいかに収益を増大させるか?

    収益・企業価値増大をもたらす「攻め」のサイバーセキュリティ投資へ。京都大学 坂出健教授が、セキュリティコストについて経済学の立場から切り込みます。

    資料をメールで受け取る

ページ先頭へ