導入事例:Verona CASE Verona

急増中のサイバー攻撃は大きな脅威。
安心・快適なテレワーク環境整備をVeronaで実現

株式会社ツクイスタッフ

株式会社ツクイスタッフ

利用者視点の使いやすさを第一に、セキュリティ面も意識

①導入したきっかけを教えてください。

当社は、全国36箇所に事業所があり、介護・医療に特化した就業支援サービスや研修サービスを展開している企業です。
今までは親会社と同じVPN製品を利用していたのですが、分社化を機にシステムも親会社と分ける必要があったため、当社のみで使用するVPN製品を探すことになりました。そこで導入したのが「Verona」です。当初導入したのは2016年くらいで、その当時は営業などの一部のメンバーのみ利用していました。その後、コロナウイルスの影響で在宅勤務の環境を整備したことをきっかけに、現在では全社的に利用しています。

②Veronaを選んだポイントは何でしょうか?

ポイントは3つですね。
1つ目は、スピーディーに導入できることです。実は分社化した際に親会社のVPN製品が使えなくなり、利用者から不便だという声が上がったんです。そこで新しいVPN製品が急遽必要になったのですが、Veronaは既存システムを大きく変えることなく、製品選定から導入まで2カ月程でスムーズに導入できたので助かりました。
2つ目は、利用者が使いやすい仕様だったからです。当時、候補に上がっていた他社製品ですと、各デバイスに接続先やポート番号などの設定をしないと利用できず、利用者からの問い合わせが多くなりそうという理由で見送りました。Veronaは「接続」ボタンをクリックするだけの簡単仕様なので、利用者が悩むことはないかなと思いました。
そして、3つ目は、我々ITシステム運用部隊の運用が簡単であるということです。ITシステムは日々増加していく一方で、すぐに運用体制を増強することはなかなか難しいのが現状です。そのため、できるだけ運用負荷が上がらないものを選定したかったのです。
これらの課題をクリアしたのがVeronaだったのですが、更にもう一つよかったポイントがあります。それは「セキュリティ面」です。やはり、社外から社内への経路を作ると、そこがサイバー攻撃に狙われる可能性が出てきます。現に、サイバー攻撃に狙われる事例が増えていますしね......。Veronaはクライアント証明書による強固な認証や、ダイナミックポートコントロール機能のようなセキュリティレベルを向上する機能が標準搭載されているので安心でした。

定期的なアップデートで管理画面の使いやすさが向上

③Veronaを使用してみてどうですか?

利用者からの問い合わせが増えない点など、狙い通りではあったのですが、導入前は考えていなかった、クラウドサービスならではの良さを感じました。それは、定期的にアップデートされていく点です。2016年のVeorna導入当初は、管理画面の操作がそこまで良くなく、ハッキリ言うと使いにくかったのですが、それがアップデートにより解消されました。ローカルブレイクアウトという、負荷を軽減する機能が搭載されたのも嬉しいですね。コロナウイルスの影響でWeb会議が増え、ゲートウェイに通信が集中してしまい、通信速度が遅くなった際に便利でした。このように、より良い製品に進化していくというのもクラウドサービスの良い点だなと実感しました。

④今後の展望はありますか?

これからのキーワードは「ゼロトラスト」かなと思います。なぜなら、最近のサイバー攻撃を完全に防ぐことは困難になってきているからです。そこで、侵入されることを前提としたセキュリティ対策にシフトすることで、被害を最小限にしたいと考えました。その一翼をVeronaが担ってくれると良いですね。

  • M.S様、N.Y様
    ※感染対策のため、マスク姿で撮影しています。

株式会社ツクイスタッフ
事業内容

労働者派遣事業
有料職業紹介事業
教育研修事業

従業員数

215人(非常勤人数除く)※ 2021年3月31日現在

ご担当者

BR推進部 情報システム課 課長代理
 N.Y 様
BR推進部 情報システム課
 M.S 様・H.K 様
※ 2021年3月31日現在

Verona 業種別導入事例集

~5業種11社の事例を掲載~

ページ先頭へ