三菱総研DCSが社員のリモートアクセスにクラウドVPNサービス「Verona(ヴェローナ)」を採用


株式会社網屋

株式会社網屋(東京都中央区/代表取締役 伊藤 整一/以下、網屋)のクラウドVPNサービス「Verona(ヴェローナ)」が、三菱総研DCS株式会社(東京都品川区/代表取締役社長 円実稔/以下、三菱総研DCS)の多数の社員が利用するリモートアクセスのVPN通信に採用されました。

金融系のITソリューションを数多く手掛ける三菱総研DCSでは、業務の特性上、安全かつ安定した信頼性の高い通信環境が必要とされます。今回、独自の通信技術でセキュアなVPNを提供するVeronaが採用されたことで、個人所有端末によるセキュアなリモートアクセスも可能となり、同社のワークスタイルの革新に大きく寄与しています。

Veronaは独自の通信技術による安全性はもちろん、リモートアクセス用ソフトウェア「V-Client」の対応機種の多さでも高評価を得ています。iOSまたはAndroidをプラットフォームとするモバイル端末であれば機種を選ばずどのような端末でもご利用いただけ、多様な機種の利用が想定される大規模環境への導入に適しています。この点が三菱総研DCSにおいて評価され、今回の採用に至りました。

株式会社網屋は、これまでに培った多様な業種へのVeronaの導入実績に今回の大規模環境への導入のノウハウを加え、信頼性の高い通信環境を今後も積極的に提供して行きます。

Veronaについて

ゼロコンフィグでVPN接続を実現するクラウドマネージド型のVPNサービスです。複雑なネットワーク設定やトラブル対応は全て集中管理センター「CAS-Center」で実施しますので、お客様にお手間は一切取らせません。
各拠点には契約時にレンタルする専用ルータ「V-edge」を設置するだけで、すぐにVPN環境をご利用いただくことができます。また、リモートアクセス用ソフトウェア「V-Client」をスマートフォンやモバイルPCにインストールすれば、外出先や自宅からのセキュアなVPN接続が可能となります。

製品URL

https://www.amiya.co.jp/solutions/verona/

三菱総研DCS株式会社について

三菱総研DCSは、銀行、クレジットカード等金融関連業務で豊富な経験・実績を有する他、千葉情報センターを核としたアウトソーシングやBPO業務などでも強みを持っています。また、1970年の会社創業以来からの主力サービスである給与人事サービス「PROSRV(プロサーブ)」は、受託数2,000事業所と、わが国トップクラスの実績を有します。
2004年からは、三菱総研グループの一員として一体的サービスを展開し、シンクタンク~コンサルティング~ソリューション~BPOの一貫したバリュー チェーンをご提供できる日本でも数少ない企業集団として、お客様の企業価値向上の実現に取り組んでおります。

会社ホームページ

http://www.dcs.co.jp/

株式会社網屋について

会社ホームページ:https://www.amiya.co.jp

1996年12月に設立された株式会社網屋は、セキュリティ対策ソフトウェアパッケージ製品「ALogシリーズ」の開発および販売を行う「SAP(Security Audit Product)事業」と、セキュアなITネットワーク基盤を設計・構築する「IT基盤事業」の二つの事業を軸に、お客様のICTインフラに関わるニーズを総合的に提供しています。

記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリースに関する連絡先

担当:株式会社網屋 マーケティング本部
TEL :03-6822-9999(代表)
お問い合わせ:sa-mktg@amiya.co.jp

サービスに関するお問い合わせ

担当:株式会社網屋 営業本部 東日本営業部
TEL :03-6822-9995 (ダイヤルイン)
お問い合わせ:infra-sales@amiya.co.jp

プレスリリース一覧へ