ニュース NEWS

プレスリリース

事例公開【ワールド・ビジョン・ジャパン】様が「V-Client」を導入 ~既存のITインフラはそのままで、スムーズに導入可能なテレワークシステム~

株式会社網屋(東京都中央区 / 代表取締役社長:石田晃太 / 以下、網屋)は、特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン(東京都中野区 / 理事長:小西 孝蔵 / 以下、ワールド・ビジョン・ジャパン)様がリモートアクセスソフトウェア「V-Client」を導入したことを発表致します。

ワールド・ビジョン・ジャパン様は、世界32ヵ国で開発援助・緊急人道支援・市民社会や政府への働きかけをおこなう国際NGOです。
今回のコロナ禍の影響で、ほとんどのスタッフがテレワークを開始しなければならない状況になりました。当初、ワールド・ビジョン・ジャパン様のITインフラは、世界中のパートナーで統一されているため、既存のITインフラを変更することは難しいという状況でした。既存のITインフラを活用したテレワーク環境を構築することは可能でしたが、管理の労力が大きいだけではなく、利用するスタッフが実施する初期設定の作業や、テレワーク開始時に複数のサーバにログオンが必要になるという懸念をお持ちでした。
「V-Client」では、わずか3ステップ(1.設定済みのVPNルータをネットワークに接続 2.クライアント証明書をメールで発行 3.クラウド上の管理センターに利用デバイスを登録)でテレワーク環境を構築でき、既存のITインフラを変更する必要がありません。また、スタッフがテレワークを開始する際は、ワンクリックで団体内のネットワークに簡単に接続できます。このように「V-Client」は、ワールド・ビジョン・ジャパン様がお持ちの課題をすべて解決できるソリューションであったため、ご採用いただきました。
導入決定後は、団体内から「こんなに便利なものを何故今まで導入しなかったの?」という声が聞かれるなど、利用されているスタッフにもご満足いただけているそうです。

導入事例では、「V-Client」の導入背景から導入後の様子について、さらに詳しく掲載しています。

導入事例の概要

テレワークの導入条件

・世界中のパートナーで統一された大手メーカーネットワーク機器の変更は不可
・テレワークを利用するスタッフの利便性の高さ

「V-Client」導入の決め手

・VPNルータを設置するだけで、既存のネットワークインフラを変更せず開始
・ワンクリックで団体内ネットワークに接続できる利便性が高い

導入決定後

・スムーズにテレワークが開始でき非常に満足
・他社製品の専門知識が要求される質問も、スムーズに回答し、サポート力の高さに驚愕
・利用しているスタッフも利便性の高さに驚く

V-Clientとは

V-Clientは自宅や外出先から社内ネットワークやクラウドに接続するためのリモートアクセス専用ソフトウェアです。認証に必要な証明書はクラウド上の管理センターで一元管理。
自宅や外出先から、社内ポータルや業務アプリを安全に利用できます。

特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンについて

キリスト教精神に基づき、世界32ヵ国で開発援助・緊急人道支援・市民社会や政府への働きかけをおこなう国際NGOです。

ワールド・ビジョン・ジャパンWebサイトURL https://www.worldvision.jp/
ページ先頭へ