ニュース NEWS

プレスリリース

事例公開【品川区】様が「ALog EVA」を導入 ~庁内ネットワークのログ監視体制を整備し、統合的なログ管理を実現~

株式会社網屋(東京都中央区 / 代表取締役社長:石田 晃太 / 以下、網屋)は、品川区様に庁内ネットワーク機器300台の統合的なログ管理を目的として、「ALog EVA」を導入したことを発表いたします。

公開事例では、品川区様が「ALog EVA」を導入するに至った背景から必要とするセキュリティ対策の内容、実際に導入してみてどんな効果が得られたのか、など紹介しています。

事例概要

背景

庁内ネットワーク機器のログを統合的に管理出来る環境が整っていなかった為、仮に庁内ネットワークで通信障害が起こったとき、迅速に原因特定/解決できるか不安があった。

対策内容

・庁内ネットワーク機器300台のsyslogをALogに収集し、管理出来る体制を整える

効果

・収集したログは、自動でデータベース化し、高速検索できる環境が整備できた
・ログを自動でアーカイブし、6年間の長期保管が実現できるようになった

今回の導入後に、実際にVPNルーターが頻繁にフェイルオーバーする事象が発生したが、原因を特定する際にALogの検索機能が大いに役立ったと、高い評価をいただきました。

導入事例記事のURL https://www.amiya.co.jp/case/alog/alog_eva/case2.html

ALog(エーログ)とは

2005年9月より販売開始をしたALog ConVerterをはじめとする「ALog」製品は、エージェントを必要としないログ管理ツールです。様々な情報システムのログを収集し、見やすく分かりやすい形で出力。ALogが変換したアクセスログはサイバー攻撃対策、内部不正対策、ワークスタイル変革など多様な活用を可能とします。自動レポートやAIによるリスクスコア機能の他、自動圧縮・保管の機能も備え、運用性にも優れており、低コストで効率的なログ管理を実現します。ALogシリーズは、国内外合わせ4,500社以上の企業で採用されています。

品川区について

品川区は、東京湾に面した臨海部と山の手に連なる台地からなり、古くから交通、交易の拠点として栄え、考古学発祥の地としての有名な大森貝塚など歴史に名を残す史跡も数多くあります。江戸時代には東海道第一の宿として賑わい、明治時代に入ってからは、京浜工業地帯発祥の地として発展してまいりました。そして現在、羽田空港の国際化や、品川駅への新幹線の停車はもとよりリニア中央新幹線の乗り入れなど、再び交通、産業の拠点として重要な役割を担おうとしています。

品川区WebサイトURL https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/
ページ先頭へ