製品・サービス

PRODUCT&SERVICE

製品・サービスTOP

データセキュリティ

ネットワークセキュリティ

セキュリティ教育

インフラセキュリティ

COMPANY

会社情報

IR

IR情報

NEWS

ニュース

閉じる

サイバー攻撃初動対応の基本を習得

インシデント初動対応トレーニング

インシデント発生時の基本的な初動対応を実践的に習得するトレーニングです。インシデントに適切に対応することで、被害範囲の最小化・証拠保全による原因の早期究明に繋がります。

トレーニングのポイント

POINT

インシデント対応全般(発生前~発生後)の対応の基礎を学びます。セキュリティ初心者の方でもご受講いただけます。

  • 社内セキュリティ担当部門として、有事に備えた実践的な訓練を積みたい方
  • 新しくセキュリティ部門に配属される方

このトレーニングはこんな方におすすめ

トレーニングで習得できるスキル・習得目標

GOAL

外部パートナーと協力してインシデントを収束できることを目標とし、基本的なインシデント初動対応スキルを習得します。

  • サイバー攻撃の基礎知識
  • インシデント初動対応(感染隔離、マルウェアフォレンジック、証拠保全)

受講者の声

TESTIMONIALS

  • 製造業

    証拠保全のための具体的なコマンドや発生事象を時系列でしっかりと記録しておくなど、インシデント対応に必要な手法を体系的に理解できた。

  • 小売業

    事前にトレーニングを受けておくことの必要性を感じた。さらに、社内のインシデント対応マニュアルを整備し、インシデントに備えたい。

トレーニング概要

OVERVIEW

トレーニング期間

1日間

実施場所

日本橋アリーナ

(東京都中央区日本橋浜町)

受講対象者

IT担当者・情報セキュリティ担当者

前提スキル

  • 自宅や業務でPCやネットワークの基本的な設定をしたことがある
  • コマンドプロンプトを少し使ったことがある
  • ドライバー等の工具を使える

最小催行人数

3名〜

参加費用

1名

100,000円(税抜)

申し込み方法

申し込み方法についてはこちらからお問い合わせください。

トレーニングプログラム例

PROGRAM

  1. 座学

    オンデマンド受講

    サイバーセキュリティの基礎

  2. 座学

    インシデント対応の基本

  3. 座学

    マルウェアフォレンジック

  4. 演習

    インシデント対応演習

    メモリ保全、ドライブ保全、ネットワークログ収集 等

  • トレーニング会場での演習実施日の開講時間は10:00〜18:00です。(受付は各日9:45~)
  • トレーニング会場での演習では、1時間の昼食休憩および適宜休憩時間を設けます。
  • 単独開催の場合には、お客様に応じてカスタマイズも承っております。お問い合わせはこちら
  • トレーニングプログラムは一部変更になることがあります。

個人情報の取り扱いや本サービスの規約等につきましては以下をご参照ください。

資料のダウンロードはこちら

  • 標的型攻撃メール訓練

    AMIYA Security 標的型攻撃メール訓練

    標的型攻撃メール訓練のご紹介

    資料をメールで受け取る

  • 一般社員向け 情報セキュリティ教育/トレーニング

    AMIYA Security 一般社員向け 情報セキュリティ教育/トレーニング

    一般社員向けの情報セキュリティ/トレーニングのご紹介

    資料をメールで受け取る

  • サイバーセキュリティ<br>トレーニング

    AMIYA Security サイバーセキュリティ
    トレーニング

    “超”実践型セキュリティトレーニングのご紹介

    資料をメールで受け取る

  • 標的型攻撃メールを見分ける4つのポイント

    標的型攻撃メールを見分ける4つのポイント

    長年大きな脅威となっている「標的型メール攻撃」。本書では、標的型メール攻撃について、見分け方や対策方法のポイントを紹介します。

    資料をメールで受け取る

ページ先頭へ