ニュース NEWS

  • ホーム
  • ニュース
  • 事例公開【アイエスジー株式会社】が『ALog』でシステムのセキュリティを強化

プレスリリース

事例公開【アイエスジー株式会社】が『ALog』でシステムのセキュリティを強化 ~インフラ事業の「安全・安心」をログ管理ツールで支える~

株式会社網屋(東京都中央区 / 代表取締役社長:石田 晃太 / 以下、網屋)はこの度、アイエスジー株式会社(千葉県船橋市 / 代表取締役会長兼社長執行役員:石井 誠一 / 以下、アイエスジー)に対し高セキュリティ化を図ることを目的にALogを導入いたしました。

アイエスジーでは主にインフラ事業を展開しています。よって、ライフラインを支えるだけでなく常に何事にも「安全・安心」を第一に考えられています。今回、セキュリティを強化するにあたり、アイエスジーでは、ゼロトラストをベースにセキュリティ対策の導入を進めました。例えば、クラウドを最優先としたシステム基盤の導入などです。導入する中で、システムの異常にいち早く気が付くためにログ管理ツールの「ALog」を活用し、セキュリティ体制を強化することができました。

■課題と導入効果

■ご担当者様のコメント

ALogには私たちが求めていた機能が搭載されていて且つわかりやすいWebコンソール画面で直感的操作ができるようになっていて、初心者でもわかりやすく操作できるので助かっております。これからもセキュリティ対策を進めて参ります。
―デジタルと人の調和推進室 堀様

導入事例URL https://www.amiya.co.jp/case/alog/alog_converter/case29.html

ALogとは

国内外4,800契約以上の導入実績を誇る、ログデータマネジメントソリューション「ALogシリーズ」は、サーバアクセス監視パッケージ別シェアで、14年連続トップシェアを獲得(※)しております。オンプレ/クラウド問わず、多様な情報システムのログをエージェントレスで自動集約・運用監視するデータセキュリティソリューションです。独自のログ翻訳変換技術とAIの不正予兆検知により、専門知識やノウハウがなくとも、高度なログ活用を実現。内部不正対策やサイバー攻撃対策、障害原因の追究、ワークスタイル変革など、あらゆるビジネスの課題を解決します。
(※)デロイトトーマツ ミック経済研究所「内部脅威対策ソリューション市場の現状と将来展望 2020年度」調べ

アイエスジー株式会社について

アイエスジーは明治 17 年、米の販売店として創業しました。1967 年に LP ガス販売に本格参入。現在ではエネルギー、住宅リフォーム、厨房設備の清掃という主力事業に加え、ランドリーや太陽光・蓄電設備の施工及び販売、売電など多角的な事業を展開。アイエスジーは時代の流れに適応して変革を繰り返してきたため、歴史の荒波を乗り越えることができたのです。
そんなアイエスジーの財産は、千葉・茨城のお客様を中心に育んできた「信頼の絆」に他なりません。三世代にわたってお取引があるお客様も多く、なかには家族のように迎えてくれるご家庭も。
現在、アイエスジーは、「人に、地域に、エネルギーを。」というMissionを掲げています。それは、お客様や地域社会に、ガスや電気など物理的なものだけではなく、活力やしあわせといったエネルギーをお届けしたいという想いが込められています。そのMissionを達成するために邁進しています。

アイエスジーWebサイト https://www.isgnet.jp/
ページ先頭へ