導入事例:Verona CASE Verona

通信回線の向上で、情報の正確さも向上

カッパ・クリエイト ホールディングス株式会社

『かっぱ寿司』で有名なカッパ・クリエイト様では、全国各地にある店舗と本社との拠点間通信にVeronaを採用されています。インタビューに応じていただいたK部長は、導入の背景を次のようにお話しして下さいました。

  • 写真はちょっと…と仰るK部長の代わりに、カッパ姿のキティちゃんを激写!

  • カッパ・クリエイト様のエントランス。社名を掲げた立派な看板が掛かっていました。

  • エントランスの奥にはこんな可愛い時計がありました!

小回りが利きながらも、大手のような丁寧さ

「インフラ環境を見直すに当たり、資産をなるべく持たないようにという会社の方針もあって、クラウドを採用することになりました。と言っても、オープンなクラウドではセキュリティが懸念されますので、安心して使えるものを探していました」

仮想IP技術をはじめとしたVeronaのセキュリティ技術がご評価いただけたようです。しかし、決め手はそれだけではなかったとのこと。

「サービス事業者を選ぶ上で重視していることは、小回りが利き、動きが早いという点ですね。さらに運用面などでアドバイスがもらえる会社が良いと思っていました。大手のサービス事業者ではなかなかやってくれないのですが…」

サービス事業者としての網屋の姿勢も、要求事項にぴったりだったようです。

「網屋さんは、小回りが利きながらも、対応が大企業のようにきちんとしていると思います。信頼が置けますね」

とお褒めの言葉をいただき恐縮でした。

トラブルの初動対応が早くなった

Veronaを導入したことで、回線トラブルへの対応も早くなったそうです。

「以前の回線では、トラブルでお店との通信が切れていてもすぐに気づかないことがありました。閉店後に店長が作業をしようとしてやっと気付くと言う状態でした。そのせいで店長に残業をさせてしまうこともあったのですが、Veronaはトラブルがあるとすぐに検知してくれるので初動対応が早くなりました」

障害検知も丸ごとお任せの”クラウドVPNサービス” をフル活用していただいているようです。

企業理念は『すべてはお客様のために』

カッパ・クリエイト様では『すべてはお客様のために』を企業理念に掲げていらっしゃるとのこと。

「かっぱ寿司に来店されるお客様は勿論ですが、会社の他部署の人達もお客様だと考えています。情報伝達の環境を整えるのが情報システム部門の役目です。それぞれの部門、つまりお客様に満足してもらえる環境を構築する上で、リアルタイムに拠点間通信が出来るVeronaはとても役立っています」

K部長をはじめスタッフの皆様の意識が高いのは、こう言った企業理念があるからこそですね。さらに、今後もさまざまな課題に取り組んで行かれるとのこと。

「課題はいくつかあります。予備回線も考えないといけないし、クライアント端末の管理や、MDM、社内のセキュリティ教育なども強化したい。網屋さんは全部相談に乗ってくれるので、これからもご支援いただきたいです」

カッパ・クリエイト ホールディングス株式会社
本社

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目10番地16 シーノ大宮ノースウイング14階

創業

昭和48年8月

設立

昭和58年8月29日

資本金

95億5,157万円

事業内容

1.飲食店の経営
2.食料品の加工及び販売
3.損害保険代理業
4.不動産の売買、賃貸借及びその仲介業

URL

http://www.kappa-create.co.jp/

ページ先頭へ